2012年6月28日木曜日

読了: Whyから始めよ

読むべき本を投げ出して家に転がってた本に寄り道。「Whyから始めよ〜インスパイア型リーダーはここが違う〜」。年頭くらいからちょいちょい話題になってたから、ベースマガジン買うついでに4ヶ月くらい前に買ったのをつい手にとってしまったが、予想以上に学びが大きくて、むしろこっちを先に読んでよかった。

著者は人間や行動の原理を以下の3つに分けて説明する。
  • 「WHAT」
    • していること。企業なら自社の扱っているサービスや製品。個人レベルでいうなら、例えば会社や組織の仲で自分がどんな職務についているかなど。自分のしていることは大抵は明確に人に説明することができる。
  • 「HOW」
    • 自分がしていることの手法。「独自の工程」「ユニークな販売計画」など、WHAT の裏側を支える方法論的なもの。
  • 「WHY」
    • 今自分がしていることを、している理由。大義や理念のこと。
大半の組織や人々が行動するときには、 「WHAT」から考えると著者は指摘する。WHATは目に見えるものであり、明確だからだ。しかし、そのように自分のすること (WHAT) や、その手法 (HOW) に注目して行動するとき、自分のしていることや、手法に熱中するあまりに、そもそものWHY、つまり行動の理由や初心や大義や理念といったものをいつの間にか忘れ、後戻りできないところまで行ってしまうことが多いのが問題だという。

例えば、ネット上の人気記事の大半は、「どのようにやるか」(=HOW) についての記事である。僕もそういった記事を読み、やはり他人の「手法」「行動そのもの」に興味がいってしまい、また実践したりする。しかし、そういうことを繰り返すうちに僕は「大義」「ビジョン」みたいなものを考えるのを放棄してしまっていて、いつの間にかある意味で無駄な行動、一貫性の無い行動を取っている。

一方で、傑出したリーダーや企業は、明確な「WHY」を持つ。
そして「WHY」を具現化する「HOW」なり「WHAT」を選択して行動する。

著者はリーダーのあり方を以下のように説く。
人間の行動に影響を及ぼす方法は二つしかない。操作するか、鼓舞(インスパイア)するか、だ
目的や大義といった「WHY」を持つリーダーや企業にこそ、人は「鼓舞」され、また忠誠心を持つ。一方で、価格を下げることや、製品のスペックをあげる、などといった「操作」に対しても人は購買行動を取ることはあるが、忠誠心を持つことはない。

傑出したリーダーは、常にWHYを周囲に浸透させインスパイアし続ける。組織が大きくなっても、末端の人にまでその理念が行き届くようにする。そうすることで、組織はそのWhyにインスパイアされ、WHYに乗っとった正しい手法、行動を取り出す。その理念は製品を通じて顧客に伝わり、共感した顧客がその組織の熱烈なファンになっていくのだと。逆にそのWHYが、周囲に伝わらなければ、リーダーについていく人は何をして良いか分かないし、結果、顧客にも伝わらず、組織として力を発揮することはできない。

本書では随所でAppleを引き合いにして、リーダーがWHYを意識し、組織に浸透させる重要性を説く。一方で、WHYを持たないリーダーに率いられた企業の迷走も描く。

本書で紹介されるAppleの例は例えばこのようなものだ。
Appleの発するメッセージ (WHY) とは次のようなものである。
「現状に挑戦し、他者とは違う考え方をする」
Appleの製品に熱烈なファンがいるのも、このWHYに共感するからである。そしてその大義がAppleの企業活動、プロダクトに到る隅々まで行き届いているからこそ人々はそのメッセージをきちんと受け取ることができる。時代は変わり、Appleの挑戦する領域は変わっても、Appleの発するメッセージは変わらない。だから、Appleの製品は変わらず売れるのだ、というように。

とは言え、どのようにやるか (HOW) や、何をやるか (WHAT) ということが重要なことには変わらない。HOWやWHATの力があればこそ、WHYは人に伝わるのである。Appleも、ジョブスというWHYを持った人に、そのWHYに同調するHOWや、WHATを実現することのできる人々が集まったことは見逃せない。そのおかげでWHYを具現化した高品質なプロダクト、サービスを提供できているからこそ傑出した企業なのである。つまり、技術力や手法といった、HOWやWHATは引き続き価値がある。ただHOWやWHATが力を発揮するのも、WHYがあればこそであり、WHYがあればこそ、それに共感する共同者も集ってくる、ということが本書の重要なことだろう。

組織においては自分がWHY型の人間なのか、HOW型の人間なのかを判断することも大事だ。WHY型の人間はそのWHYを形にしてくれる、WHYに共感してくれる優秀なHOW型の人間を見つけることが必要である。また、HOW型の人ならば、共感できるWHYを持つ人間を見つけることが必要なのである。

この本を読んでいくと、「ビジョン」や「理念」というのは僕の想像以上に強烈に大事だ、ということが改めて意識される。勿論、本書で説くように、「WHY」を設定し、そこから「HOW」や「WHAT」をするする導く、なんてことは現実的に考えるととてつもなく難しいことである。そもそも「WHY」の設定って、簡単にできるものではない。

しかし、本書が終始、行動原理を「WHY」を中心に「HOW」「WHAT」の3パターンに分けてその各々の役割、重要性を例も交えながら説明してくれたおかげで、まずは今後の行動について、今自分が、「WHY」「HOW」「WHAT」のどれについて考えているのか、自分の行動はきちんとWHYを踏まえたものであるのかないのか、というものを意識しながら行動をすることができるようにはなる。実践的には、こうしてWHATと、WHYを行き来しながら、WHYを見つけていくことになるのだろう。

最後に、著者によるTEDの動画が以下にあります。
この本の内容をまとめたものとして大いに参考になります。


2012年6月19日火曜日

読了: プロデュース能力

今月は読書感想文が多めです。本人としては流れを意識しつつ読書しています。今月の目標は4冊ありまして、後1冊読む予定の本があります。今回の本は「プロデュース能力」。

以前から、漠然とではあるが、個人で頑張りつつも、自分の好きな人と一緒に何か個人の能力を越えたことを実現できたら楽しいだろうなぁ、ということを思う。実際にそういうことを実現している友人を目の当たりにしてみたりしたりしたときに、「あぁ、こういう感じ良いなぁ」と思ったり「どうやったらこういうことが自分にもできるんだろう」とか考えるうちに、多分自分には「プロデュース」みたいな観点の思考プロセスが欠落してるんだろうなぁ、と思うようになった。

また実際にプロデューサとして仕事をしている人と話をしていて「この視点は自分にないけど、多分これがプロデュース的な視点なんだろうな」、と感じたこともあり興味が湧いたこともある。こうした経緯で、「プロデュース」という仕事について知っている訳ではないが、漠然とそのような概念に興味を持ってきたため、まずは入門書的な本書を手に取ることにした。

さて、そもそも「プロデュース」とは何か?
本書では以下のように定義する。
ひとつのビジョンをもとに、人々の力を借りて「新しい何か」を創り出し、現状を変えること。それが、プロデュースである。
「プロデュース」には僕が想定していたような、「個人のビジョンを元に集団で何かをつくりだす」というときに必要な考え方であるだけでなく「自分自身の人生のビジョンを実現する」ときにも発揮することができる。特に現代のように、個々人の生き方が多様化し、生き方自体に正解がなくなってきた時代においては、「プロデューサ」という肩書きを持っていなくとも、自分の人生を自らプロデュースし、自分の望む方向に持っていく、という力が必要になってくる。

では、プロデューサの仕事とは何だろうか?
本書では「プロデューサの7つの行動」として、プロデューサの仕事を以下のように一般化している。
  1. ビジョンを設定する
  2. 戦略を提示する
  3. チームを創造する
  4. ネットワークする
  5. 環境を最適化する
  6. プロモーションする
  7. 成果を共有する
この「プロデューサの仕事」をから帰納的に、「プロデュース」をする際の頭の使い方を 「プロデュース思考」として、を大きく以下の3つに集約できる。
  1. ビジョン (自分の欲求・動機と実現したいビジョンは何か?)
  2. 戦略 (どんな方法によってプロデュースを実現するか?)
  3. 価値 (プロデュースはどんな価値を生み出すか?)
「プロデュース思考」の一番目はビジョンである。
ビジョンは「自分は何がやりたいのか」「なぜ、それをやりたいのか」といったことに対する答えであり、「プロデュース」はまず「ビジョン」から出発する。 本書ではビジョンの策定の仕方、ビジョンのプロデュースワーク全体に対する意義等、かなりのページを割いているが、プロデュースの肝はビジョンと言って過言ではない。

ビジョンは、普遍性を持ちながらも極めて個人的な強い思いを伴なって生まれた望みである。熱い思いを伴なうビジョンを語ることにより、それに共感する人が集まり出し、物事が動き出すのだという。だからこそビジョンは十分に考え抜かれなければならない。ビジョンを「ビジョンが実現したときの物語」「ビジョンが実現するまでの物語」「ビジョンが生まれた背景にある物語」の3つの角度それぞれについて、人にいつでも説明できるように準備しておくのが望ましいという。

そうして、とにかくもビジョンが漠然と決まってきたのなら、プロデュース開始前にできる限り「小さな行動」を沢山する。筆者のいう「小さな行動」とは以下のようなものだ。
  1. 生の情報を収拾する支援者
  2. 共感者をつくるより
  3. 良い未来仮説をつくる
  4. 自分のモチベーションを高める
この「小さな行動」を繰り返すことで、ビジョンが洗錬され、プロデュースの全体の構想をより具体的にイメージされてくるという。ここは本書で僕が一番参考になった箇所だ。振り返ってみれば、確かにプロデューサと呼ばれる人達ってこういう行動を普段からしている印象である。

さて、ビジョンが策定されたら、「プロデュース思考」の2番目。
ビジョンを実現するための戦略を考える。ビジョン実現へのマイルストーンを立てたり、チームを編成したりする訳だ。この辺の「問題解決」の方法論は、本屋さんに沢山置いてあるから、詳しくはそちらを読めば良い。

さらに「プロデュース思考」の3番目の「価値」について。
「このプロデュースの大義名分は何か?」「付加価値は何か?」 ということを考えることである。プロジェクトレベルでも、チームメンバー各人のレベルでも「価値」について普段から考えておくことで、自分も含めた参加者のモチベーションを保ち続けるときに役立つ。「一見、実現が難しそうに思えるプロジェクト」ほど、プロデュースの力の見せ所でもあると同時に、モチベーションを保ち続けるのが難しくなる。だからこそ、「価値」についても常に整理をしていくことが大事である、ということらしい。

本書は概念の説明と共に分かりやすいケーススタディも記載されており、あっという間に読了することができた。その分物足りなさも感じる部分も多いものの、詳細な各論は、引き続き他の本を当たれば良いと思うので、「プロデュース思考」入門書としては学ぶことも多くよかった。

2012年6月18日月曜日

読了: リーン・スタートアップ

今年春頃から各所で話題の本「リーン・スタートアップ」を読了した。
これスゴ本。

著者はシリコンバレーで成功したベンチャー企業でCTOを務めたのを始め、数々のベンチャー企業で事業戦略や製品戦略のアドバイスをしてきた人である。本書は、著者がトヨタのリーン生産方式を依り処にしながらイノベーションを生み出す方法論としてまとめあげた「リーン・スタートアップ」という考え方について書かれた本である。簡単に言えば、スタートアップが成功するための方法論のひとつである。

ここで言うスタートアップとは、
とてつもなく不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織
のことである。

こうした組織は、業界問わずしてあるだろうし、またベンチャー企業だけでなく大企業の中にでも、新規事業部として見つけることもできだろう。そういう意味では本書はモノ作りに関わる全ての人のため向けの本と言える。

こうしたスタートアップが「成功する」 =「持続可能なビジネスとしてプロジェクトが周る」にはどのようにしていくべきかについて書かれている。

著者は「何でも良いから、とにかくやってみよう」といった昨今のスタートアップ的な慣習に警鐘を鳴らす。「とにかくやってみよう」の精神で、1年以上も製品開発に時間をかけて、結局「流行りませんでした」では意味がないし、持続可能な活動にはならないじゃないか、というのである。


そこで、リーン・スタートアップは、「イノベーションを起こそうとするときには、そのイノベーションが依拠している「仮説」をとにかく検証していくことが大事である」、ということを主眼とする。


もう少し具体的に見てみよう。
リーン・スタートアップの提案する製品開発は以下のプロセスに集約される。

【構築】プロジェクトの成功に関わる「仮説」を洗い出す。その中でもプロジェクトの成功にとって影響度の大きいと思われる「仮説1つ」を元に、仮説を検証するに足るだけの、なるべく小さな「製品」を作る。
【計測】その製品をユーザに使ってもらうことで「仮説を検証」する。
【学習】上記の検証を元に学びを得る。

リーン・スタートアップでは、上記の「構築→計測→学習」の1サイクルを、なるべく早く多く回せ、と言う。「学習」の結果、必要ならば製品の方向性についてもう一度考え直し、場合によっては方向性を変える = pivot (ピボット) し、進めていけば良い、というのである。

特にお金も時間にも余裕がないスタートアップは、「イノベーション」の依拠する仮説が正解か不正解かをなるべく早く、1ヶ月〜3ヶ月くらいで検証すべきであり、その検証のために製品を作るべきだ。その製品のクオリティは、仮説の検証をするのに必要最低限のもので良い。仮説の検証は、「ユーザの話を聞く」=「製品を客に実際に使ってもらう」でする。その結果を元に合理的にプロジェクトを進めていくことが大事だ、ということなのである。

僕はこのリーン・スタートアップ的方法論を読んだときにかなり視界が晴れた。
ひとつは、昔僕が関わっていたプロジェクトが何故上手くいかなかったのか、ということについてかなり理解できたことがある。

僕は昔、とあるプロジェクトに関わっていたことがある。
  • そのプロジェクトは非常に素晴らしいグローバルなエンジニアリング集団で進められていた。
  • プロダクトを考えるチームは、頭の切れる優秀な人たちばかりであり、プランや理論は非常に素晴しそうに思えた。
  • エンジニアリングチームはそのプランを元に、非常に優れた開発プロセスを採用しつつ半年以上かけてプロダクトを作りリリースに漕ぎ着けた。
  • そのプロダクトは、リリースはされてもユーザは全くつかなかった。
この経験について、僕としては何故上手くいかなかったのか整理がつかず、3年くらい頭の片隅で悩んでいた。チームは優秀だったようにしか思えなかったからだ。

しかし、これもリーン・スタートアップ的に見ると、「製品の依拠する仮説を検証しようとせず製品開発を進めた」ことが原因だった、と言えるんだなぁ、と分かった。僕らは「半年以上かけて誰にも求められていない素晴しいものを作った」、ということであり、「間違った仮説を元に素晴しいチームで作った」ということなのである。

「仮説の提案者」が悪い、というのは違う。「仮説は検証されなければならない」、ということなのだ。リーン・スタートアップは、このような「時間をかけて誰も使わないものを作る」悲劇を避けるためにも、「早い段階での仮説の検証ループを回す」ことを強く推奨するのである。

リーン・スタートアップでは、仮説検証のために必要な機能以外は全て切り捨てて構わない、とも述べる。

最近、「プリミティブなものだけを作ってリリースするのが大事」みたいなことを良く聞くけれども、「じゃあそのプリミティブって何よ?」って思っていた自分にとっては、リーンスタートアップ的に述べるならば「仮説の検証に必要なものだけを作ってリリースする」ってことか、とハラオチした。検証の結果、使ってくれる人がいるならばプロジェクトを進めれば良いし、そうでないならばもう一度考え直す、ということなのだ。

この他、リーン・スタートアップでは、従来のプロジェクトが上手くいっているかいっていないか、といった判定基準についても警鐘を鳴らしている。
従来は「サイトのPV数」や「ダウンロード数」等でプロジェクトの成功、失敗を測っていたが、プロジェクトでは「継続率」をあげていかなければ持続可能な活動にはならない、として、こうした従来の判定基準は偽りの判定基準であるとし、従来とは異なる分析手法を導入すべきだ、と主張する。

技術が進歩し、何かを作る敷居がどんどん下がっていき、モノ作り手にとっては多くの競合がひしめく昨今、意味のあるものを作っていくために非常に本質的なことが述べられた本でした。

6月も終盤戦。
今月はあと2冊本を読了したい気概であります。

2012年6月11日月曜日

読了: キュレーションの時代

佐々木俊尚著の「キュレーションの時代」を読了した。

近年のIT化された社会の流れを総括するような非常に示唆の多い本だった。
この本が書かれたのが2010年、つまり2年前というのだからたまらない。

この本の中で、著者はまずIT化以降における、僕らとモノとの関係を次のように説明する。

IT化によって、僕らが手にする情報・モノ(=コンテンツ)が圧倒的に増えた。
さらにiTunes, Amazonが、その気になれば僕らがいつでも好きなときに欲しいものを手に入れられる環境を作ってしまった。ある意味、僕らは常にたくさんモノに囲まれている状態とも言えるのだ。

このように何でも手に入るようになり、逆説的に何を手にして良いかが分からなくなったのが現代であると著者は論じる。

僕らがコンテンツを手に取る理由とは何だろうか。
それは次の一言で説明される。
コンテンツはそれだけでは意味をなさない。
コンテクスト(=文脈)を伴なって初めて意味を成す。
古くはセレクトショップの店員やDJ。物知りの先輩や会社の上司。
こうした人たちは、コンテンツに辿りつくまでのストーリーを語り、僕らをコンテンツへ道案内してくれるような人(=キュレーター)である。キュレーターのおかげで、僕らはコンテンツを「発見」し、その価値を知り、コンテンツを手に入れようとしてきたのだ。

IT化以前は、そうした案内人の中でも絶対的な存在がマスメディアであった。
わざわざキュレータという概念を持ち出すまでもなく、マスメディアはキュレータとしてそこに存在し、そこで紹介されたものこそがほとんど全てであり、価値があるとされた(と僕は想像する)。

しかしIT化以降においては、マスメディアも視座のひとつに過ぎなくなった。
IT化によって誰もがメディアを持てるようになりマスメディアを凌駕するようなメディア力を持つ人々もあらわれ始めた。

マスメディアがカバーできる範囲よりはるかに多くのコンテンツが溢れていること。
多様な価値観が受容されるようになり、コンテンツの価値自体が文脈によって様々変化するようにもなってきたこと。

こうした状況下では様々な切り口でコンテンツを紹介するキュレーターが登場する。

前述のようにキュレーションという行為自体は昔から行われており、目新しい概念ではない。しかし、IT化以降においては、コンテンツのクリエイターと同じくらいキュレーターの重要性は高まり、必要とされてきている。広い視点でコンテンツを知り、更に独自の切り口でコンテンツとコンテンツを線で繋げ、ストーリーを紡ぎだすキュレーターが求められているのだ。

こうした時代だからこそ、良いキュレーターにもっと光が当たるWebサービスがあっていいと思う。
実際そういったサービスが2012年の現在、どんどん登場し始めているように思う。

2012年6月4日月曜日

6月、7月のライブ

6、7月のライブスケジュール出ました。
お気軽にお越しくださいませ!

元goodbye blue mondayの吉田くんとジャズ+フォークをやるデュオ、吉田ヨウヘイgroup(仮)を始めました。5月にライブを終え2回目のライブになります。こちらはアップライト・ベースを弾いています。

三軒茶屋Heven's Door企画
日時: 7月4日(水)
場所: 三軒茶屋Heven's Door
OPEN: 18:30 / START: 19:00
チケット: 1000円 (1ドリンク別)

goodbye blue mondayのライブ予定は次の3本です。
こちらではエレキベースを弾きます。

MARUYAMA SOUNDS
日時:2012年6月8日(金曜日)
場所:渋谷O-nest 
OPEN: 18:30 / START: 19:00
w/ blueback magic power band / draw / ao’ w
チケット:1000円 (1ドリンク別)
※ 出演は2番目、20:10から

MARUYAMA SOUNDS
日時:2012年7月13日(金曜日)
場所:渋谷O-nest 
OPEN: 18:30 / START: 19:00
チケット:1000円 (1ドリンク別)

新宿Motion企画
日時:2012年7月17日(火曜日)
場所:新宿Motion
OPEN: 18:00 / START: 18:30
チケット:1000円 (予定) (1ドリンク別)

ハーフマラソンを走った

約2ヶ月半ぶりに大会に参加してハーフマラソン (21km) を走ってきました。今回参加したのは、第50回六無月東京喜多(北)マラソン大会という大会です。

今年の3月中旬に、人生で初めてハーフマラソン大会に出場したのですが、準備不足が祟り、大会後は2週間歩くこともママならない体たらく。日々の準備がいかに大事かを身にしみて分かり、この2ヶ月は反省して定期的に走るようになりました。4月は40km弱、5月は60km走りました。本当は月間80km走れるようになるのが目標です。

今回は、前回の大会から25分短縮 (まぁ前回が遅すぎただけですが)。また、完走後も歩けなくなるような事態にはならず、一夜明けた今日も足先がちょっと痛んだり、軽い筋肉痛はあるものの、日々の生活には一切支障はありません。走る筋肉が徐々についてきていることが感じられ少しは自信にもなりました。

今回の大会を終えて、3つの反省がありました。

1つは普段の練習で走っている距離が、ハーフマラソン大会を完走するには短かいということ。

前回、今回の大会を終えて分かったのですが、走り続けられる距離は、日々の練習で走る距離 + 5km くらいが限界ということ。それを越えてくると、急激に体が重くなり、そのまま走っていると体中がSOSを発し出します。この状態で無理をして走り続けると、前回大会のように長期間、まともに動けなくなるほど、体はダメージを食らう。今回は体のSOSを察知してからは走るペースを思いっきり落して乗り切りました。しかし、記録は当然悪くなる。

今回の大会前は、1回の練習で平均して10kmくらいまでしか走っていなかったので、15km以降はからはかなりきつかった。逆に15kmくらいまではかなり楽に走れました。Run KeeperというiPhoneアプリ記録を取りながら走っていたのですが、10km〜14kmの区間が一番速いペースで走れていました。

これを踏まえると、ハーフマラソンに出るなら、普段から16km は走っておく必要があるということになります。結構大変に思えますが、まぁゆっくり走るなら1時間半〜2時間弱で走れる距離。週に1日ならそれくらいの時間は取れそうなので、今後は頑張ってみようと思います。今年はもう一回はハーフマラソンを走り、秋には27kmマラソンにチャレンジするのが目標です。

2つ目の反省はご飯を食べるタイミング。

今回は朝早い大会だったこともあり、朝食を食べ損ねました。

それもあってか後半かなりガス欠気味でした。途中から猛烈な空腹感とともに走らざるを得なくなり、完走後はお腹が減りすぎて参加賞の食べもの(右写真) を猛烈な勢いで駆逐しました。

次回はエネルギー補給のタイミングも考えて参加しようと思います。

3つ目の反省はiPhone用のケースを持っていないこと。

僕は走るときにiPhoneを手持ちで走っています。
iPhoneを持って走るのは、走っているときに音楽を聴きたいのと、ペースを計測しながら走りたいためです。しかし、手でiPhoneを握りしめて走っていると握力がどんどん奪われていきます。また、画面も汗まみれになりiPhoneの操作もできにくくなります。こうしたことを次回から解決するために、iPhoneを入れて腕に巻くタイプのケースを先程購入しました。普段からこのケースにiPhone入れて走ろうと思っています。

さて、今回の大会は荒川の河川敷を走るコースだったのですが、景色も良く、気候にも恵まれ気持ちよく走れました。ちょこっと休んだら、次の大会目指してまた頑張っていこうと思います。

僕は長い間、趣味らしい趣味と言えるものがないのが悩みだったのですが、マラソンは趣味と言えるものになりそうで、それは大変嬉しいことだなぁと思っています。