2012年3月29日木曜日

音楽ファイルの移行

引越しにあたり、デジタル面でやりたかったことが2つあって、ひとつが本の電子化、もうひとつが音楽ファイルのPCにケーブルを挿さなくても良いハードディスク (NAS) への移行である。

前者の本の電子化は2月くらいから日々進めている。元々それほど大きくない本棚に、本が入りきらなくなってきたので、毎日3冊〜5冊くらいずつ自炊。今のところ計80冊くらいは電子化できている。
おかげで、最近は本棚に新しい本を入れるスペースもできるようになって、また本を購入できるようになった。

音楽ファイルに関して言うと、ある時から、CDをロスレスでリッピングするようになり、音源の数自体も増えたために、ファイル総量があっという間に100GBを越えてしまった。さすがにPCには収まりきらなくなったので、ここ1年くらいは外付けの小さなハードディスクに収めるようになった。

ただ、この方法の難点は、音楽を聴く度に、ハードディスクとPCをUSBケーブルでつなげる必要があることだ。この一手間が、一手間とはいえ結構面倒くさくて、最近は音楽を聴く頻度にも影響が出始めていた。とは言えそうも言ってられないので、この問題を解決するために、ネットワーク対応HDD (NAS) の購入を検討していた。

実はこのハードディスクの比較選定でかなり時間がかかったのだが、僕が最終的に購入したのは、写真の LS-V2.0TL というやつで、容量が2.0TBと大きいのと、NASにしては転送速度がかなり高速なのが売りの製品だ。価格も2万円程度で手頃である。バックアップのことを考えると本当はRAID搭載の製品を買ってもよかったが、値段が高いのと、RAID搭載の製品はRAID特有のエラーが起きやすいらしいということも知り、そうなると結構面倒くさそうだったので今回は見送ることにした。

このNASを購入してから早速、無線LANルータに接続、これまでの音楽ファイルが入っているハードディスクの中身を丸ごとコピーして、iTunesのファイルを再度取り込み直した。これでiTunesのライブラリファイルの無線化が完了。PCを起動し、iTunesを立ち上げれば、ケーブルを繋ぐことなくすぐに音楽を聴ける状態を作ることができた。

インターネット接続のために、有線LANから無線LANに変わったときもそうだったけれども、ケーブルを一本をつながなくて良くなったり、ハードディスクの箱を机の上に置かなくて良い、という少しの変化があるだけで、かなり快適に感じるものだ。

NASに音楽ファイルを移動するこの方法の欠点をあげるとするならば、外出先では音楽を聴けない点だろう。近い将来に、AudioBox.fm のような音楽ファイルのクラウドサービスが、安価で安定し普及することに期待したいところではある。とは言え、外出先ではiPhoneに音楽を入れているので今のところは不便を感じていない。

PCの音楽環境の作り方は、ライフスタイルに合わせて人それぞれ、ネットワークの工夫のしどころということもあり、ランチタイムの話題なんかに最適だ。僕も過去にはAirMac Expressを試したりしたこともあったけれど、次に機会があれば、MacMini を使った音楽環境を構築してみたいと思っている。さっき見てみたらMacMiniの性能がかなりあがっていたので。