2012年1月22日日曜日

柳フェス

西武柳沢公民館というところで行われたイベント「柳フェス」に招待頂いた。 昨年3月に柳フェス第一回の開催が計画されていたのだが、震災の影響で流れ、晴れて本日の第一回の開催となった。

このイベント、演目はバンド演奏に限らず漫才、演劇、アカペラ、マジック等々様々。第一回にも関わらず純粋に観客としてもなかなか楽しめるものとなっていた。企画プロデューサーを務めた柳沢公民館、市川氏の活躍ぶりが伺える。

僕らはトリを努めさせて頂いたのだが、そのひとつ前でやっていたマジックも凄かった。2枚目の写真はマジシャンの本番シーンですが、かなり多く人入ってるでしょう?
この方は実際に凄くて、この方を目当ての人も結構いたので、僕らのときはこの写真からお客さんちょい減りな感じ。
関係ないけれど、マジシャンのマジック自体も好きだが、マジシャンがマジックをするときの体のスキの無い動きも、綺麗なことが多く、よく見取れてしまう。

僕らはgoodbye blue monday 現・旧メンバー+旧Pops研の林さんという編成で、吉田をメインボーカルに据え、昔のgoodbye blue mondayの曲を中心に演奏。メンバーが変われば演奏の楽しみも変わる。メンバーが全員同世代、という心強さも後押ししたのか、安定した演奏が本番で出せたことは非常によかった。特に1曲目はライブ開始の緊張感がありながらも、落ち着きがあり、かつ誰も演奏をミスらずに演奏できて非常に手応えを感じた。

たまに、ライブでスタジオリハのときより良い演奏ができることがあるが、今回は全曲とは言わないまでも、かなりの割合でそういうシーンがあった。練習して、本番で以練習以上のものが出せる、ということを繰り返していくことが、演奏が上手くなる、ということなのだと思っているのでこういうことがある日は非常に嬉しい。

普段やらない曲を演奏したことで得られたものも色々あった。普段のgoodbye blue mondayは速い曲ばかりやっているが、今回、スローな曲を演奏する楽しみや、そのお客さんへの伝わり方の感触を経験できたことは大きかったように思う。

さて、公民館の締めで、主催者の方の一人が「イベントに参加する、というよりもイベントをみんなで作る、という意識でまた来年以降も皆様と一緒にイベントを作れたら幸いです。」というようなコメントをしていらした。「イベントをみんなで作る」みたいな言葉って学生時代以来久し振りに聞いたけど、確かにそういう気持ちって結構大事だな、などと何か改めて思ってしまった。大人ぶった気持ちもあり、どちらかというと「参加する」くらいの気持ちで望んでいた自分を反省する、というオマケつきの充実した一日。