2012年1月4日水曜日

2012年 明けました

2011年はブログ更新がままなりませんでした。
三十路も間近となり、昨年は各方面から色々と絞られたこともあり、「ブログなんかでそんなもやもやした気持ちを吐露して満足してちゃ駄目だ」、という自制も手伝ってなかなか更新できませんでした。ブログは書けませんでしたが、おかげさまで1年前と比べると想定以上に飛躍することができたように思います。

昼間は仕事をし、仕事を上がれば音楽を本気でする、という生活は相変らず、「お前何者なの」という問いには歯切れよく答えられない状態が続いております。それでも着実に前に進んでいけている、という、自分自信の確信だけを頼りにこのまま己の生き方を貫いていくしかありません。

さて、ちょっと前からこの先、自分の音楽能力を高めるには耳コピをしまくるしかない、ということに気付きました。ベースの師匠にも「フレーズを採譜して、コピーをどんどんしなさい」と言われております。

しかし、ベースって普通に耳コピしようとすると音域が低すぎて聴こえない。
何となく聴き取れるけど合ってるか分からなくて、どうも腰が重くなりがちだったのです。
実は近々登場するR-Mixに期待していたのですが、それを待たずとも年末に耳コピの方法を確立できました。

DAWのピッチシフターを使って楽曲の音域を1オクターブがっとあげるだけです (その前にEQで低音域をブーストしておくと尚良し)。
そうするとベースの音が可聴領域の最も美味しい帯域に入ってくるので楽に聴きとれるようになります。今までのように、とりあえずコピーしてみたけれど、この音であっているんだろうか、っていう迷いはもうありません。はっきりと確信を持って聴き取れるようになります。

今日は朝からずっとこの方法で今度のライブでやる曲を採譜しておりました。
今年は特定のベーシストを3ヶ月単位くらいで深掘りしていくことをしたいと思っております。

それでは2012年、宜しくお願いします!