2011年11月10日木曜日

アドレス帳のクラウド化は難しい

引き続き、整理熱が止まらない、という訳で色々身の回りの棚卸しをしています。
今回はアドレス帳の話。

ここ半年くらいの間に、LinkedInやFacebookアプリ等がiPhone内のアドレス帳が勝手に修正したために、アドレス帳内で名前が重複だらけになってしまい、滅茶苦茶なデータソースとなっていました。

これを修復・整理しよう、と思い立ち、そのついでに!! と取り組みたいと思ったのがアドレス帳のクラウド化です。整理されたアドレス帳をクラウドに置き、デバイスによらないConsistentなアドレス帳を手に入れる、という長年の夢を実現したくなりました。しかしこれ、意外に難易度が高かった。

まずは、自分のMac内のアドレス帳を重複削除、情報の統合などにより、完全にデータを整理し直しました。これを元データとしてクラウド化を試みてみた訳です。
まずは素直に。普段はMac Book Proを利用しているので、話題のiCloudを初めて利用してみました。

しかしiCloudが分かりづらい。
母艦のMacがOSX Lionではない、iCloudに対応していない母艦であるということもあり、ちょっと話がややこしくなっているにしても、もうちょっと何とかなって欲しいところ。

方針としては、「母艦のアドレス帳→iPhone→iCloud」というデータ移行により、iCloudにアドレス帳の元データをインポートし、他デバイスはiCloudのデータを元に同期していく、としました。

ところが、「iPhone→iCloud」のデータ移行でつまずいてしまいました。いまいち「iPhone→iCloud」の同期ルールが良く分からないんですよね。

iCloudのもうひとつの問題は、iCloudへのアクセスがApple製品に制限されていること。
Androidも使ってみたいんだよなぁ。とか思ったりしてもそれはできない。そういう意味で、よりオープンな規格をサポートしていそうなGoogleのサービスを使って、より幅広い端末間でデータを同期できるなら、iCloudよりも理想的と言えます。

そこで、Google Contactを試してみました。ところが、「Macのアドレス帳→Google Contact」というデータ移行の際に、アドレス帳の姓名が逆になって登録される、等のローカライズの特有のバグ問題に直面してしまいました (ちなみに、これは2、3年前から直っていないらしい)。

他にもGoogle Contactはまだ端末との同期関係の機能が整備されていないことも分かりました。という訳でGoogleでもクラウド化はまだ難しそうな印象です。

ここまでやって、一旦アドレス帳のクラウド化の夢は諦めることにしました。
まぁ、一応iPhone内のアドレス帳は整理された訳なので良しとすることにしました。

それにしても、今回くらいのアドレス帳のクラウド化がスムーズにいかないというのは予想外でした。アドレス帳のクラウド化に関しては、まだまだ解決すべき問題が沢山あり、その道半ばかと思っていましたので。

例えばSNSサービスとの連携。
Facebookの友人たち、Facebookで繋ってない人のアドレス帳とが自動で整理・統合され、どのデバイスにおいても、(あえて友人にアドレス変更等の一斉メールなどしなくても) 常に最新の状態に情報が保たれている、とか。

例えば良く行くお店の情報の管理。
スタジオとか、飲食店とか、お気に入りのお店ならばアドレス帳に1つや2つは入っているでしょう。このクラウドの情報を元にアドレス帳に最新のデータを保持する、とか。

こういうところまではいって欲しいとAndroidが発表された頃くらいから思っていました。しかし、今回色々試した感触としては、そういう日が来るのはまだ結構先なんだろうな、という感じがしました。

「アドレス帳についてオープンな規格の策定→各ソフトウェアが導入し規格がデファクトスタンダードに→端末間でのシームレスな同期の実現」、という一連の流れが実現するのを願いましょう。