2011年10月7日金曜日

ジョブス亡くなったなぁ


今後のApple製品が、マイケルジャクソンの死後に出たマイケルジャクソンのアルバムみたいになっていかなければ良いと思いつつ。

今度発売されるJobsの自伝は買おうと思います。
やっぱ好きな人だったし。せっかくなんでなるべく加工されてない洋書のやつをね。

確か社会人になりたてだった頃、会社に泊まったときに本棚に「iCon - Steve Jobs - 」って本が置いてあって、ジョブスの人生をレポートした本なんだけど、それ読んで以来好きだったんだな。好きっていうか気になる人なんだよな。振り返ると。(確かその本の隣りに「志高く 孫正義正伝」ってのもあってそれも読んだw)

本で人生を辿っても、一体何が学べるんだ、って感じの人だけど、でも何か色々やる気にはなるし好感は湧いてくるっていう、そういう本だったな。Miles Davisの自伝もそんな感じ。

iPhoneを初めて発表するときのジョブスのプレゼンをリアルタイムで見られたことは本当によかったと思います。人生においてあんな奇跡的なプレゼンは今のところ他に見れてないです。Stanfordでの講演の演説のScript も読んで悶絶したもんでした。

僕が一番好きだった 2006年の Keynote の1シーンがこれ。
初めて世界にiPhoneを発表したジョブス。会場もすげー熱狂してる。



いや、他にも書きたいことは本当色々あるな。
でもこれくらいしか書けないっす。
合掌。