2011年3月13日日曜日

東日本巨大地震に寄せて

今回の地震で被害を受けられた方、様々な影響を受けられた方に、心よりお見舞い申し上げます。
僕は地震直後に、テレビから情報を受け取りました。
そして自分にできることを、Twitterを見ながら考えました。

Twitter上では日本の人々が被災者を思う様子を見ることができました。
一生懸命情報を交換しながら、少しでも被災者のために、(しかも最善の方法で!) 何ができるかを模索していました。
この様子に非常に感銘を受けました。日本に何か希望のようなものを持つことができました。

この震災に対し、すぐに音楽という形でアクションを起こし始めている音楽家の方々もいらっしゃいました。
情報の集約に便利なツールを作ったり、募金システムを開発するプログラマーの方々もいらっしゃいました。
絵を描き続ける漫画家の方もいらっしゃいました。
そうした方々に敬意を抱きました。

こうしたTwitter上で起きている人々の様子を、今後もウォッチしていきたいと思いました。

今はそのショックから一生懸命、地震関連のニュースを追い掛けている面が強いけれども、
気をつけないといつの間にか忘れてしまうでしょう。
でも、テレビで気仙沼市などの惨状を見たでしょう。
あれだけ壊滅した地域は簡単には戻らない。

この震災が復興するまで、長丁場の戦いが続くはずだし、そう認識することが大切です。
だからこそ、今すぐできることだけでなく、長期的な視点で自分にできることを考えることも大事だと思いました。

やがては不景気になり、東京にいる自分たちの生活も緩やかに苦しくなっていくでしょう。
それでも頑張っていきましょう。