2010年10月12日火曜日

禁煙なう

タバコの値上げに連動して、禁煙支援iPhoneアプリ「禁煙なう」がリリースされてですね。
昼の仕事で、僕はアプリのディレクションと、ソースコードを書いたので、よかったら使ってみてください。

迂闊だったのが、このアプリの開発時にメモリ解放周りのチェックが不十分で、アプリが起動時に落ちることがあったんだよね。既にリリースされたアップデート版では大分改善されたんだけど、、まだ、原因不明で落ちることがたまにある。
それで、この点がレビューで結構ボロクソに書かれてしまってアプリが必要以上に風評被害を受けてしまって。
依頼元に悪いことをしたな、っていう反省がすごくあります。

反省の一方で身を持って実感したことが、ユーザがレビューワーとして匿名でどんなコメントでも自由に書けてしまうiPhoneのアプリを販売するApp Storeというシステムの問題点。ユーザが購入するときの判断基準の拠り所として大きく貢献している割に、システムがお粗末という感じは否めない。2、3件のボロクソなコメントがあれば、信用を落とすのに十分な効果があり、アプリ運営側にとってはレビューが気が気ではない訳だが、根拠のないレビューに対しても運営側は手をくわえて見守るしかないのだ。

レビューによる風評被害と言えば、食べログでも開店まもない店に対して、周辺に存在する競合店が根拠のない酷いレビューを掲載することで閉店に追い込むことを狙う、っていうシャレにならない恐い話も聞くようになった。逆にお店の人が根拠のない賞賛のコメントを載せることによって、レビュー自体が意味がないこともある。それだけオンラインのクチコミが力を持ってきたことの裏返しでもあってのことではあるが、Appleや食べログを始めとする業界の方には、システムの価値をより高めるためにも、レビューを無条件で掲載するのではなく、何らかのチェックを入れた上で公開する仕組みを入れて欲しいと思う。

検閲が行き過ぎて良い評判しか載せないアイドルのブログコメント欄まで行ってしまうと逆に気持ち悪いが、かといって匿名による全てのコメントを何の検閲もなく載せてしまうのは刺激が強すぎるし (App Storeだとレビュー欄で喧嘩が起きたりしてるし、普通に閲覧するのさえしんどい。)、 一時的な感情で書き殴られたレビューと、まともなレビューが注釈なしで並列されて表示されるというのは、評価される側としては釈然としない思いがある。

例えば、レビュワー個人の評価をシステムが持ち、レビュワーの評価を公開すると良いと思うのよ。過去にどれだけ信頼の置けるレビューを残してきたか、というようなことをベースに、レビュワーも評価され、その姿もある程度見える形にするとフェアなんじゃないかな。