2010年10月14日木曜日

2010/10/14

先週から立て続けに映画館に行って映画を見てました。大友良英のドキュメンタリー映画「KIKOE」から始め、同性愛の恋人を失くした男を描いた映画「シングルマン」、漫画から映画化された「大奥」と。大奥は原作を読んだことがないのですが、映画だけで言えば期待以上でした(奇しくもこちらも同性愛テイストあり)。シングルマンはまだ消化できてません。KIKOEに関しては、僕はつい最近から大友さんの音楽を追っかけているので、彼の90年代からの活動を時系列に知ることができた意味でよかったです。

今日は、ICCにてOvalのマーカス・ポップが来日して新作について語る講義に行ってきました。
Ovalは、電子音楽の走りとして90年代前半から音源を発表したプロジェクト名であり、数々のフォロワーを生んだが、2000年代初頭には、Oval Processingなるソフトウェアを発表。このソフトウェアを利用すれば誰でもがOvalっぽい音源を作れる、というものであり、電子音楽における自身の作家性について問題提起 (ソフトウェアを使えば誰でも作れるOvalの音楽における作家性とは何か、というような)。

そして今年、9年振りに発表された新作は、Oval自身が生楽器を演奏し、これまでのOvalの活動のメインであったソフトウェアの枠から飛び出すもの。本作は「ハイパー・リアル」というコンセプトを掲げつつ完成させた作品とのこと。結果、ソフトウェアを作らずともOvalらしい音楽ができ、一度は問題提起された「Ovalの作家性」について再び光を当てることとなった (この作品はOvalによってしか作り出せない、というような)。今日はマーカスがこういった解説を2時間に渡って行うものでした。ちなみに明日は、夜中に代官山UNITに行って生Ovalを体感する予定なり。

あと、ジョンレノン全作品のリマスター盤が発売されています。
Eleven Egressのメンバーはジョンレノンが好きな人が多く僕も大ファン。
分かりやすいくらい音が良くなってました。
レノンを知らない人はとにかくPlastic Ono Bandから聴くと良いと思います。

2010年10月12日火曜日

禁煙なう

タバコの値上げに連動して、禁煙支援iPhoneアプリ「禁煙なう」がリリースされてですね。
昼の仕事で、僕はアプリのディレクションと、ソースコードを書いたので、よかったら使ってみてください。

迂闊だったのが、このアプリの開発時にメモリ解放周りのチェックが不十分で、アプリが起動時に落ちることがあったんだよね。既にリリースされたアップデート版では大分改善されたんだけど、、まだ、原因不明で落ちることがたまにある。
それで、この点がレビューで結構ボロクソに書かれてしまってアプリが必要以上に風評被害を受けてしまって。
依頼元に悪いことをしたな、っていう反省がすごくあります。

反省の一方で身を持って実感したことが、ユーザがレビューワーとして匿名でどんなコメントでも自由に書けてしまうiPhoneのアプリを販売するApp Storeというシステムの問題点。ユーザが購入するときの判断基準の拠り所として大きく貢献している割に、システムがお粗末という感じは否めない。2、3件のボロクソなコメントがあれば、信用を落とすのに十分な効果があり、アプリ運営側にとってはレビューが気が気ではない訳だが、根拠のないレビューに対しても運営側は手をくわえて見守るしかないのだ。

レビューによる風評被害と言えば、食べログでも開店まもない店に対して、周辺に存在する競合店が根拠のない酷いレビューを掲載することで閉店に追い込むことを狙う、っていうシャレにならない恐い話も聞くようになった。逆にお店の人が根拠のない賞賛のコメントを載せることによって、レビュー自体が意味がないこともある。それだけオンラインのクチコミが力を持ってきたことの裏返しでもあってのことではあるが、Appleや食べログを始めとする業界の方には、システムの価値をより高めるためにも、レビューを無条件で掲載するのではなく、何らかのチェックを入れた上で公開する仕組みを入れて欲しいと思う。

検閲が行き過ぎて良い評判しか載せないアイドルのブログコメント欄まで行ってしまうと逆に気持ち悪いが、かといって匿名による全てのコメントを何の検閲もなく載せてしまうのは刺激が強すぎるし (App Storeだとレビュー欄で喧嘩が起きたりしてるし、普通に閲覧するのさえしんどい。)、 一時的な感情で書き殴られたレビューと、まともなレビューが注釈なしで並列されて表示されるというのは、評価される側としては釈然としない思いがある。

例えば、レビュワー個人の評価をシステムが持ち、レビュワーの評価を公開すると良いと思うのよ。過去にどれだけ信頼の置けるレビューを残してきたか、というようなことをベースに、レビュワーも評価され、その姿もある程度見える形にするとフェアなんじゃないかな。

2010年10月11日月曜日

2010/10/11

遠出なしの3連休でした。

土曜は練習終わりで菊地先生のDCPRGを見に行った。再結成一発目の野音にして、豪雨という。雨音で聴こえづらくなることより、美味しかった缶ビールが、どんどん雨水で薄まっていく方が気になるという意外な展開を横目にポリリズムを楽しく数えた。

日曜は、録音をしていて、録音1時間毎に映画を10分ずつ休憩で見る、とかやっていたら、ラフマニノフの映画とバードの映画が見れてしまった。まぁバードの映画作るんだったら、普通にドキュメンタリーを作った方が面白かったんじゃないか、という気がしました。

月曜は録音したものを奥沢に持っていって評価してもらう。
昨日かなり弾きこんで良いとこまで来たが、もう少し。もう少しでOKラインまで持っていけそうだ。

帰宅してみるとあまりに気持ち良い晴れ。
外出気分の気持ちは何となくICCへ向かい、夜は久しぶりに相方と外食(何しろ最近半田麺ばっかり食べていたので)。
その後で、映画を見に行くつもりが、開始時間が全然合わなかったので青山ブックセンターをうろついて色々本を購入してから、漫画喫茶へ。GRAN Cyber Cafeってとこで、眺めが良いのでたまに行く。僕は2時間あまりで、大学入学以来追っかけてなかった「24時間四六時中ボクサーであれ。」という鴨川会長がうっとおしい「はじめの一歩」を思わず最新刊まで全部追っかけた。

2010年10月6日水曜日

2010/10/06

Eleven Egressの方はいくつかの曲はプリプロを終えて、本チャンの録音に入っている。
そうすると、フレーズは作り終わっているので、今度はそれを良い音で録音したい、っていう欲求がだんだんでてくるわけなんだけれど、ベースの音がなかなか良くならない。

それで、今の弾き方だと良い音で録音できないので、色々と試行錯誤してるんだけど、今日試した弾き方が今迄の中で一番よかった。具体的には、ベースの弦への指の当て方を変えてみたんだけど。その弾き方でライン録りしたものをプロツールス上のアンプシュミレーターで音作ってバンドの音とミックスすると、結構聴ける音になる。

でもやっぱりこれだけだと、アンプの前に近接してマイク置いた音を越えることはなくて、入って欲しくない演奏時のノイズがやたら大きく入ってしまったり、録音しても何かノッペリというか、奥行きが出てくれないので、これをリアンプしてマイク録りの音と混ぜるのを試してみよう、というのが今日のMtgでの結論。

今のところ、ぐっさんのギターの音がすごく良く録れるようになって、ぐっさん一人がまず方法論を確立した。僕も続かないと。

帰宅して、の半田めん(そうめん)を我が家でブームの作り方で食す。
作り方はとっても簡単なんだけど、滅茶苦茶美味しいんでよかったら試してみてください。
1.肉とナスを炒めてつゆを作る。
2.そうめんをゆでて、つゆをかけ、みょうがと葱を加える。

2010年10月4日月曜日

2010/10/04

TSUTAYAで「面白くなかったら、レンタル料金バックします」キャンペーン中のSF作品 カプリコン・1
1977年のロードショー時に有名映画館で貼られたという、「面白くなかったら入場料をすべてお返しします。」キャンペーンに習ったのだろうか。
僕は2010年にこれを見ている訳で、ちょっとタッチは古いし、キャストも知らない人だらけ。
でも面白い。素晴しいB級映画だと思います。関さんとか好きそうだなぁ。
さっきからこの映画の作られた背景とか、調べ出したんだけど止まらなくなりそうなので自重してます。
最近、前知識無しでの鑑賞を心掛けているので、今日はあらすじの紹介とかはなしね。

2010年10月3日日曜日

2010/10/03

ちょっと間が空いてしまいました。
バンドの方は相変わらず録音をしたり、リハをしています。それ以外のことを。

9月の27, 29日と新宿ピットインでの菊地成孔3daysに初めて行ってきました。
菊地さんの著作読んでいるのだけど、演奏を生で見るのは初めてで、文筆家としての側面ばかり知っていた僕には、刺激が強すぎる内容でした。

27日が山下洋輔さんとのデュオによる演奏。楽曲、完全即興を交互に演奏するという内容。
29日が大友良英さんとのデュオでの演奏で、即興のみ、という内容。
両日とも圧巻でした。

個人的には、山下さんとのステージが、菊地さんがボスに敬意を表しつつ吹きまくっていて好きでした。この日の山下さんとのガチのぶつかり合いに、観客席から、「うわっ」っていう声が時々漏れるくらい圧巻だった。アンコール前ラストの「大きな古時計」は毎年演奏しているらしいのですが、僕はそういった事前知識もなく初めて聴いたこともあってかかなりショックでした。
ピットインでのこの企画はもう6年目ということもあり、進行もこなれていてとても良かった。来年も行くと思うんで今度は誰か一緒に行きましょう。

この3days、2日目だけ行けなかったんですが、その2日目が行なわれているときに、良く知った仲間と餃子を食べに行きました。しょぼ犬君主催の東京餃子倶楽部という会合のメンバーに、ありがたいことに登録されてですね。なんか定期的にやってるらしいんですが。

今回は銀座天龍に行きました。餃子とビールしか飲まない、というストイックな会なんですけど。

写真が1皿1,000円の餃子です。これだけでかなりお腹一杯になります。美味しいし、他の料理と比較して餃子だけはリーズナブルだと思います。
しかしショボ犬くんは、人生を楽しむ才能がありますな。