2010年1月18日月曜日

ライブを終えて

昨日はライブでした。
来てくださった皆様、どうもありがとうございました。
次回のライブは 2 月 18 日 (木) @ 渋谷です。詳細が決まったらここに書きます。

昨日は日曜の夜ということもあってか、対バンドが今までと比較して段違いに良く、私には、刺激的な夜でした。良いブッキングを組んでもらえるようになったのだとしたら素直に喜びたい。
昨日は 1 バンド目として出演だったので、出番が終わったあとは、最前列でひたすら残りの 5 バンドを見てました。片手でメモしながら。
その中でも、最も印象的だったのが、昨日のイベントのトリをつとめた、ブッチャーズのドラマーがメンバーとして参加しているユニット、SOSITE でした。

やはり、スタジアムで演奏したこともあるバンドのドラマーのステージでの所作は違う。楽器のセッティングのときから、何か凄いことが始まるんじゃないかオーラがすごい。
アクトが始まったら、本質だけを鷲掴みにしたような音楽を鳴らした。期待は裏切らない。表現されている音楽は、ギターとドラムによる、複雑な展開の曲。フリージャズっぽい感触なんだけど、リズムはロック基調。(だからジャンル名が分からん。)

対バンドがいい、っていうのは、もちろん、演奏者としてもこれ以上ない刺激である。それ以上に、見に来てくれるお客さまのことを考えても、良い対バンドでライブができる、というのは満足度が高くて良い。
昨日の SOSISTE クラスが 3, 4 個でるライブだったら、当日チケット代 2,300 円は、友人のコンサートじゃなくても、出す (うちのバンドは、今 900 円でやっている)。だから、まずは自分たちがそのレベルに到達し、そのようなブッキングなりイベントに呼んでもらうにはどうすべきかを考えたい。

我々レベルのクリエイター、バンドはごろごろしている。
例えば、SOSITE は相当すごい。でも私はあのクラスのライブをしちゃうバンドを、わりかし近いところでいくつか見てきた。
もどかしいが、焦らずにやるべきことを、省略せずやっていくべき時期だと思っている。