2009年6月24日水曜日

音源「Rally」を追加しました

曲のミックスを上げてもらったので、MySpace に 1 曲追加しました。今回は、Rally という曲です。

何やら「曲を追加しました」、みたいな記事ばっかり書いていてますが、たまたまです。
今まで録音してた曲が、今、続けてあがってきてるだけですね。(後、1 曲だけあげる予定です。)
(今週の日曜 6/28 にライブなので、もし良かったら来てくださいね!)

前回に引き続き、バンドノートを元に曲の解説を書いてみます。

Rally は、かなり初期の曲 (2〜3 月ころにできた曲) で、Apotosis という曲の次に形になった曲です。
これは、ドラムの山本さんのリフのアイディアを発展させた曲です。

Rally で僕がイメージしているのは、卓球のラリーです。
ぽーん、ぽーん、って卓球のボールを打ち合っているあの感じです。
ベースフレーズも、ボールを相手に打ち返すイメージで、一拍食ったり、食わなかったり、ということを、ある規則に従って弾き分けました。

それからフレーズの音域についても意識しました。
同じフレーズでも、ベースがどの音域を選択するかによって、サウンド全体のイメージが大きく異なる、ということが、この曲のレコーディング中に、色々と弾き分けながら、分かってきました。そこで、曲のどの部分で、どの音域を利用するのか、ということを意識的に選択していきました。
例えば、Rally のサビだと、ベースはベースの出すことのできる音域の中で一番低い音域を利用しています。一方で、歌のメロディは高音を歌っているので、メロディの音域とベースの音域とで、対比ができて気持ちよく響くとともに、サウンドをタイトに聴かせる。

それから、利用する音域を突然、変化させたり、徐々に変化させていくことも効果的に響く場合があること。
逆に音域が突然変化しないようにフレーズを考えないと、曲を台無しにすることがあることなど。

このようなタイトな曲は少しでもリズムがずれて演奏してしまうと、バンドが曲に込めた意図がほとんど損なわれてしまうことが分かり、レコーディングがとても難しかった。特に、この曲と、次に上がる予定の 1 曲以降、バンドは「演奏力・表現力」という言葉と向きあいながら試行錯誤しています。

つまり、極端に言うと、特に僕は、曲のアイディアこそがほとんど全てで、そのアイディアさえ良ければ、そのうち聴いている人に伝わるだろう、と考えていたんですね。甘かったですね。今はそんなこと微塵も思いませんけどね。