2009年1月27日火曜日

AdLocal 国際版リリース

僕は Day Job としてベンチャー企業の Web エンジニアをやって、もうすぐ、3 年になるのですが、ここ 5 ヶ月間関わってきたプロダクトのプレビュー版 (ベータ版以前です) がリリースされました。
AdLocal という名前のプロダクトで、今回、海外向けに作ったプロダクトで、そのファーストリリースになります。
ここで見られます。http://adlocal.biz/




このプロダクトを利用すると、世の中の携帯電話を利用しているユーザに広告を出したい広告主は、「その場所に適する広告を配信する」ことができます。携帯ユーザからするとより現在の状況にマッチする情報を見ることになるし、広告主の人も広告の無駄打ちが少なくなるわけです。




例えば、、、
New York の Times Square 駅近くにいる人たちの携帯に、自分の店の広告を出したい Times Square 駅近くのカフェの店長なんかが、このプロダクトを利用して、広告を出稿することができる訳です。




このプロダクト、実は世界初のプロダクトらしく、僕の会社は日本では、3、4年前くらいから始めていたのだけれど、時代と合わなかったのか、なかなか上手く行かなかった。しかし、最近、海外では興味を示してくれる企業が多くなり、この度、会社の海外展開に合わせ、今回のプロダクト開発プロジェクトが始まりました。




ちょうどその話がスタートしたのが 5 ヶ月前。
以来僕は、このプロダクトの開発チーム 8 名 (デザイナーやプロダクトプランナー含む) の中の 1 名として、開発に関わることができました。毎日、毎日、5 ヶ月間、この 8 人とほとんどの時間を過ごした。

Web 開発って普通、3-4 人で行なわれるから、今回の 8 名ってかなり多い方なのだけれども、それでも結果的には 8 人がそれぞれ、重複することなく各自の役割を果たし、5 ヶ月前から決まっていた、今日のリリース予定日に間に合うことができた。これはこれで奇跡的なことだと思う。




僕は今回のプロダクト開発では主にユーザインターフェース部分のスクリプティングを担当しました。
サーバとブラウザ間でのデータやりとりとか、ユーザに使いやすい動きのあるウェブページを作る部分です。
プロダクト全体の中で見たら、本当に貢献度は 1/8 とかなのだけれども、それでも僕はこのユーザインターフェースで利用されている言語を上手く扱うことができるし、Web の世界でユーザインターフェースのスクリプティングの重要性はいやというほど認識しているから、限られた時間の中でベストを尽しました。




僕は今迄プロダクトの全てのレイヤーを一人でやりたがるタイプだったから、チームで大規模な開発をすることは初めてでした。それから外国人の方が今回は 3 名チーム内にいたんだけど、それも初めてのことでした。

今回の 5 ヶ月の経験の中で、僕は技術的なことももちろん多く学ぶことができました。
最後の 2 ヶ月くらいは、 5000 行くらいのコードのあらゆる箇所が頭の中に入っていたし、コードがいつも頭の中に入っていた感じだったし。そんな体験も大きかったけれど、それ以上に、チームで大きな成果を出すためのあらゆることを学んだことが、僕にとって結果的には大きかったように思います。





特に僕は割とわがままだし、コミュニケーションも今よりもうんと下手だった。
その場で嫌だと思ったことを表に出してしまうことも多かった。
それがチームにとって障害にならない訳がなく。。。



そんな時間の中で、チームの中での、コミュニケーションの仕方とか、感情のコントロールを学ぶことができました。
このことは、今回、自分を抑えるということでは決してなく、その場の個人の感情に流されず、常に、
  • 自分は (つまりはプロジェクトは) 一体何を達成しようとしているのか認識する
  • その目的達成のために、自分の今抱えている感情や考えは大切なのかどうかを、考えた上で、自己を発露する
ことを学ぶ体験でもありました。

そうやって色々なことを学びながら、今日に辿りついて。
そうそう、英語とか英会話も学ぶことができたしね。




現在、バグトラッキングシステムには、まだまだ、解決すべき沢山のバグや、沢山のフィーチャーが書き綴られている。
きっとこのプロダクトはこれから半年くらいかけて、大きく変化していくことになる。
今回開発した広告サーバというのは、運用実績こそが大切だから、実は今日はゴールではなくスタートなわけですが。
だけど、今日はプロダクトが誰でも見られる場所にできたという意味で、一区切りです。




エンジニアリングとしては新たに学びたいことがまた増えたかなぁ。
でも自分の知識やノウハウはほとんど出しつくしてしまったから、今は本当に空っぽ。
この 5 ヶ月は、夏休みに読み漁った本で学んだことを確認しながら、それを表現する時間でした。




明日からは自分のやりたいことにもっと邁進できる。
そんな、ちょっとした充実感とともに、今日しか書けない感想を書いておこうと思ったのであります。

明日から 3 ヶ月は、今度は、会社とは別のプロジェクトに集中しようと思います。
頑張るぞ。


今日の音楽: