2008年12月30日火曜日

Year end greeting

年の瀬ですね。


僕の方はエンジニアリングは今年は、30 日で終了。

フランスから来たエンジニアの同僚と、最後にご飯食べて、めでたく締めました。
普段は、ソフトウェアのアーキテクチャのコミュニケーションなどで、彼とはよく口論になるのですが (これは僕が未熟なせいですが)、今日は久しぶりに落ち着いて話せました。
博士課程を出ている、彼の時折見せる鋭い指摘はいつも尊敬していたのですが、話してみるとバックボーンが面白いなぁ。きっと彼の冷静かつ鋭い判断力に僕は憧れているのでしょう。それも彼が一生懸命勉強してきたがゆえ。また頑張ろう、という気持ちになれました。


来年はフロントエンドの知識に磨きをかけつつ、エンジニア間でコミュニケーションするためのツールの勉強、テスト工学、リファクタリングとかアルゴリズムの勉強をしよう。新しい言語も学びたいな。




それから、ライブ見てきたり、バンド練習したり、ベースの勉強したり、ギター弾いたり、音楽聴いたり、曲作ったり。
最近は Punk, Hip-hop, Jazz, New Wave, Progressive Rock の音楽からもっと学びたい、という気持ちです。

Robert Fripp (King Crimson) がこんなことを言っていた。
「すべてを学び、すべてを忘れることが重要だ」
うん、少し分かるようになったぞ。

今年最後にこんな良いアルバムに出会いました。




さて年の瀬らしく振り返ってみましょう。

振り返ってみると、ここ 2年間、環境依存の生き方をしてました。
環境に合わせ、自分のアウトプットを最大化する生き方です。
だから、色々な経験を「させてもらった」という言い方が正しいと思います。
悪くないですし、たまたま、周りの人たちが良かったから、それでも多いに勉強させてもらったし、2年前には想像もつかなかったようなものを得られました。ただ、2009 年からは少しずつ、主体性を持ち、経験を「掴みにいく」姿勢に転換すべきときだと思いました。



今年も様々な方にご迷惑をお掛けしてきました。
来年も何卒宜しくお願いします。

それでは良い御年を。