2008年8月20日水曜日

Mixi が OpenID に対応

mixiOpenID に対応しました。早速、利用してみました。

今回 mixi が対応した OpenID のバージョンは 2.0 とのこと。
つまり、ユーザは URI を入力することなく、 OpenID 対応のサイトから
  • mixi.jp と入力する
  • 「mixi アカウントでログイン」というボタンを押す
のどちらかでサードパーティサイトにログインすることが可能になります。
※試してみたい方は、例えばhttp://twitwi.tw/ から mixi.jp と入力してみてください。

ちなみに、OpenID の URI は、
https://id.mixi.jp/{ユーザID}
のようになっており、Yahoo よりは、分かりやすい形になっています。 (が、前述の理由で、ユーザはこの URI を覚える必要はありません。)

mixi の OpenID はサードパーティに、OpenID に付随する属性情報を公開する仕組み (OpenID Extentions) という仕様を採用しています。 mixi の OpenID では、OpenID の持ち主のニックネームを公開している模様です。サードパーティは OpenID でログインしたユーザのニックネームをサイト上で利用できることになります。
これは、Yahoo の OpenID がサードパーティに個人特定情報を一切解放していないのとは対照的です。

今回のリリースに関連して、mixi は 以下のページを公開しました。これらを見ていると、個人的な印象ですが、 mixi はサードパーティに対して加速度的にオープン化していくことを伺わせます。

また、サードパーティのサイトから mixi での OpenID 認証のために、mixi にリダイレクトしますが、この際、広告のある、 mixi の認証ページを挟んでいます。これにより、広告のインプレッションも増加するでしょう。