2007年4月30日月曜日

セッション

今日はジャズ畑の人たちとセッション。
モードよりのジャズなら折り合いがつくと思ってコミットしてみた。
一緒に演奏してくれた方々には心から感謝します。

それにしてもジャズメンは上手い。
引き出しは豊かだし、センスが良いし、音楽に対する楽しみ方を多く知っている。
自分もワンモードセッションならいけるが、これだけだと聴いていて飽きるだろう。

Jimi Hendrixのように、自由、かつエモーショナルに。
と思いながら弾いている。
彼からの影響はそこまでで良いと思っていて、もっと様々な音使いを知りたい。

しかし、知らないモードが沢山ある。
様々な音の使い方を咀嚼して、それをフィーリングに消化させる。
単に使い方を覚えただけでは駄目で、自由かつエモーショナルな演奏をしようと思ったら、新しい音使いが口から出るレベルが必要だ。
セッションは場の空気にダイレクトに反応したり作り出していくことが求められるから尚更だ。

次回への改善点としては、
周りに反応することが多く、自分から流れを作り出す方が疎かになっていたので弱気にならないこと。
もっと引き締まったセッションにする為、ジャズに習って、テーマを予め作ってからセッションをすること。

明日と明後日もセッションの予定がある。
セッションを通して、間の使い方とか、音の使い方のアイディアをふくらまそう。
連休中は曲も作ろう。

帰りにディスクユニオンに皆で行った。
最近ロックばかりだったが、久々にジャズを聴きたくなったな。